正しく美しいスィングとは?
1.) コンパクトなテイクバック
2.) 大きなフォロースルー
3.) バランスの良いフィニッシュ
4.) 体の捻転と体重移動


Get the Flash Player to see this player.
動画レッスンは定期的に新しいのを追加していきます。
[ 01 ラフに浮いたボールの寄せ ]

フィルミケルソンの得意技、クラブヘッドがボールの下を速やかに
振り抜けるゴルファーは、勿論OK. でも、このショットはリスクも高いんですよ!
失敗が少ない動画のようにやりましょう。安全第一!!
—————————————-

[ 02 体重移動ドリル ]

体重移動、本当は簡単ですが最初が肝心。 初心者の時期に体重移動を覚えてしまうと自然に動くのですが、ある程度スィングが固まってから体重移動を加えると、練習が必要です。
ダンスのようなこの動き、タイミング良く練習しましょう。
—————————————-

[ 03 テイクバック(ビーチボールを使って) ]

飛距離が少ないゴルファーの多くが、この問題を抱えています。
肩と両手が作る三角形を保ちながら体を回転させましょう。手首をこねたりせずにお腹を中心に回すように。
—————————————-

[ 04 手首を柔らかく使うドリル ]

クラブを強く握りすぎて、大きな問題となっているゴルファーさんが多いですね。ボールが見事なバナナラインを描いて飛んで行きます。”力が抜けたら一人前!”ですが、そのくらい難しいのが事実です。小鳥を握るように、、、が、毒蛇の首を絞め殺すように、、ならないように。手首を柔らかく使えるドリルです。やってみましょう!!
—————————————-

[ 05 影を使ったドリル(テイクバック) ]

影を見ながらSWINGしましょう。コツは、太陽が背中に直角に射すように。時間帯も考えて、やってみましょう。楽しいですよ!頭のてっぺんにも棒などを置きますと、頭は左右に動いても大丈夫ですが上下動をすると、ちょっと問題!!
—————————————-

[ 06 フォロースルーの形 ]

これは大切な練習です。飛距離が大きく変化しますよ。インパクト後、手のひらを空に向かって持ち上げない事。肩を回してHello!握手、握手、目標に向かって握手です!!
—————————————-

[ 07 チップ&ラン 練習法 ]

ピンはもう直ぐそこに、、、、。
ピンに近くなればなるほど、頭を上げてはなりませぬぞ。 辛抱辛抱!
ゆっくり、落ち着いて、ボールをしっかり見て、正しい方向にフォロースルー。
—————————————-

[ 08 方向性 (左に行く) ]

ボールが左に出てしまう!
白いテープでも何でもOK.DVDのように置いて練習しましょう!
—————————————-

[ 09 方向性 (右に行く) ]

ボールが右へ行く人は、インパクト後の右手がターゲットに向けて握手をしていない、動画ドリル”フォロースルーの形”、とあわせて練習すると良いですね。
ヘッドアップをしないように、しっかり落ち着いてドリルしましょう。
—————————————-

[ 10 ダフリ防止ドリル(左手で打つ)]

ダフリはTour Proでもやってしまう大きな問題です。緊張感の中でリズム、タイミングが狂ってしまうのです。池にポッチャ~ン!!
時々のダブりはメンタルから来ますが、全てダフッている人は治療が必要です。
ダフリの原因は、右手のコックが早く解ける、なぜなら
1.) 右手主体Swingで、右手で早打ちしようとする。
2.) 体重移動が出来ないまま、右足体重で打ってしまう。
このドリルは、体の回転、体重の移動、壁作りが一度に出来る優秀ドリルです。コツは、ゆっくり、体全体を使ってクラブを振る事です。特に、Fairway Woodが苦手な方。是非、このドリルで練習しましょう。前傾も忘れずにね。素振りでクラブが地面をこするように練習しましょうね。
—————————————-

[ 11 前上がりライの打ち ]

打球は左スピンで曲がっていきます。そのことをしっかり予想してアドレスをとりましょう。
アドレス時の構えですが、体は直立気味でクラブは短く握ります。ボールの位置が足元より高い分、クラブの長さが短くなります。
それを普通アドレスになりますと、ボール位置が遠くになりミスをする確立が高くなります。
直立気味の構えですから、テイクバックはフラット傾向になります。右脇が離れないようにテイクバックすることでフラットになります。
Swingは小さめね。
—————————————-

[ 12 前下がりライの打ち方 ]

打球は右スピンで曲がっていきます。上記のように、正しく予想してアドレスをとりましょう。
アドレス時の構えですが、体はかなり前傾、膝は曲げて両足でしっかり”しこ”を踏むように安定させます。
クラブは通常位置で握ります。
かなり前傾ですから、テイクバックはアップライト傾向になります。ショートアイアンのSwingを思い出しましょう。
テイクバック、フォローも控え目に。
—————————————-

[ 13 チップ&ラン2本棒ドリル正面から ]

棒でも短いクラブでも太紐でも何でも利用しましょう!
—————————————-

[ 14 チップ&ラン2本棒ドリル側面から ]

棒でも短いクラブでも太紐でも何でも利用しましょう!
—————————————-

[ 15 パター距離感ドリル ]

練習をダラダラしても満足感や達成感がないのも問題。
小さな目標を決めて練習しましょう。
ボールを30センチ離して並べ連続で何個まで入るのか?6個全部連続で入るまで挑戦!
—————————————-

[ 16 パタードリル ]

最初は50センチの距離から始め、ボールが全て連続で入ったら10㎝づつ長くしましょう!
2メートル、3メートルまで挑戦しましょう。
長さと傾斜の関係が出てきますので難しく、パターが確実に上達します!!
—————————————-

[ 17 ストレッチ ]

ゴルフも普段からのストレッチは大切です。
体のストレッチをする事で飛距離を延ばす体の捻転、体重移動、
安定した方向性を作るバランス良い体の動きが身についてきます。
—————————————-