正しいアドレスで決まる!

Posted by Sadamigolf On 2月 - 26 - 2015

ロスアンジェルスで開催されたLPGA Tour夜のレセプションで、当時現役だった小林浩美選手とお話した事があります。

いつも気を付けている事は?”基本を忘れない事” そうです。何事も基本を忘れないこと。基本とはSwingやテイクバックもなどもありますが、その前にSwingをする為のもっとも基本的な土台作りが大切です。打つ前に方向確認しクラブフェイスの方向とボール場所、両足の開き方、両足体重の比率、足幅、前傾姿勢のバランスなど、打つ前の準備をPre-Swing, 打つ事をIn-Swingと言います。Pre-Swingを丁寧に正しいアドレスを作ります。これが上手に作れない人は練習時に写真のようなものを使うとだんだん慣れてきます。これは正しいアドレスが取れない重症のgolfer用です。

IMG_4606  IMG_4604

たかがアドレス位でそんなに神経質になる?な~んて絶対思わないで下さい。貴方のSwingの乱れはアドレスの間違いから始まると言っても過言ではありません。、ボールのスピン、弾道の変化(トップ、ダフリ、)、飛距離、方向全てに関係があります。

練習時は、必ずターゲットを決めて、それに向かって打つこと。 どこでも良いから当たって飛んでけ!!では、悪い癖を固めに行くようなものです。

Add A Comment